睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に、10秒以上続く無呼吸状態が一晩(7時間)の間に30回以上起こるか、1時間に5回以上認められる場合に睡眠時無呼吸症候群といいます。睡眠時無呼吸症候群の有病率は全人口の2~4%とも言われ、全国換算では200万人以上とも言われています。 睡眠時無呼吸症候群により十分な睡眠がとれず、日中の激しい眠気や集中力の低下を生じて居眠り運転や産業災害などの事故が起りやすくなります。また、無呼吸により血液中の酸素の低下と炭酸ガスの蓄積や血液の酸性化をもたらし、特に心血管系に悪影響を及ぼすことが分かっています。大きな断続的ないびきや起床時の頭痛、日中の激しい眠気や集中力の低下を感じる場合には専門医療機関で検査を受けることをお勧めします。

クリスタル歯科センターでは専門医療機関と連携して、平成16年4月の睡眠時無呼吸症候群の口腔内装置(マウスピース)の健康保険適応以来、積極的に治療を行っています。(保険適応のマウスピース製作には医科での診断が必要です。) 医科で睡眠時無呼吸症候群の診断を受けたが、どこでどのようなマウスピースを製作したら良いか分らないなど当院へお気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群のご相談はこちらから メールフォームより承っております
PAGETOP